一般歯科

一般歯科歯科医院で多く行われている「虫歯治療」。一度は治療を受けた方も多いのではないでしょうか。虫歯は、一般的に虫歯菌と呼ばれている「ミュータンス菌」が口の中で繁殖し、ミュータンス菌が作りだす酸によって歯が溶かされてしまう病気です。

初期の虫歯であれば痛みもなく、短期間での治療が可能ですが、「痛む」「しみる」といった症状があらわれると削る・かぶせるといった治療が必要となり、その分、治療期間が長くなってしまいます。

虫歯になりやすい方の主な特徴

  • かみ合わせや歯並びが虫歯になりやすい形をしている
  • 甘い食べ物に目がない
  • 歯磨きをしない時間が長い

上記の3つに心当たりのある方は虫歯になりやすい口内環境といえますので、注意が必要です。

虫歯の進行

CO … 初期の虫歯
歯の表面のエナメル質が少しだけ溶けています。溶けている(虫歯菌に侵された)箇所は白く濁っていますが、痛みはありません。歯を削ることはなく、正しい歯磨きの指導となります。
C1 … エナメル質の虫歯
虫歯菌に侵された部分が黒くなりますが、虫歯に伴う痛みはありません。虫歯になった部分を削って詰め物で治療します。
C2 … 象牙質の虫歯
虫歯菌が進行し、象牙質まで虫歯が進んでしまっています。この時点で初めて痛む・しみるといった症状が出るようになります。虫歯部分を削り、詰め物で治療します。
C3 … 神経の虫歯
神経にまで虫歯が進行してしまい、常に激しい痛みを伴います。根管治療(※)と被せ物で治療します。
C4 … 歯根の虫歯
虫歯菌によって歯が溶かされてしまい、「歯」と呼べるものはほとんど残っておらず、歯根だけが残っている状態です。歯根には膿がたまり激しく痛みます。治療としては抜歯による治療がほとんどです。

※根管治療とは

神経が入っていた根管を洗浄し、根の先にまで虫歯によって傷んでしまった神経を取り除き、細菌による感染が拡大するのを防ぐ治療を「根管治療」といいます。

虫歯は、初期の段階でも痛みが伴うものと思われがちです。しかし、虫歯は発見が早ければ早いほど、痛みの少ない治療が可能です。
また、早い段階から治療を行えば通院する回数も少なくて済み、治療にかかる費用も安く押さえることができます。

小児歯科

小児歯科永久歯に比べ乳歯は虫歯になりやすい歯です。進行も早いので、気がついたら広範囲に広がっていることがあります

また、乳歯は永久歯を正しい所に生えてこさせるという役割を担っているので、乳歯が自然に抜ける前に人の手で抜いてしまうと、抜いた歯のスペースに隣の歯が寄ってくるため、永久歯が正しい位置に生えることができません。
「乳歯を抜いても永久歯があるから…」と考えるのではなく、乳歯のうちから永久歯のことを考えた適切な予防が必要です。

また、小さなうちから虫歯予防をすることで、以下のような効果もあります。

  • 永久歯が虫歯になる率が下がる
  • 乳歯の虫歯による歯並びの乱れを防ぐ
  • 小さいうちに虫歯予防の習慣をつけることで大人になってからも虫歯予防・歯周病予防につなげることができる

ご家庭で正しいブラッシングを行うことが大切ですが、乳歯は磨きづらく磨き残しが出やすい箇所もあります。お子さまの大切な歯を守るためには、ご家庭でのブラッシングだけではなく、定期的に歯科医院に通いチェックをすることが大切です。

中村歯科医院は地元の学校歯科医としても活動していますので、お子さまの対応や治療は得意としています。他の歯科医院で治療を受け歯医者を嫌いになったお子さまがいらっしゃる方は、ぜひ当院にご相談ください。

  • ホーム
  • 診察内容
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院情報・アクセス
よくある質問
歯科検診について