歯周病

歯周病とは

歯周病歯周病は、口の中で繁殖した細菌によって歯肉・歯根膜・歯槽骨といった歯周組織が破壊されていく慢性疾患のことです。
歯周病にかかると、歯茎の腫れや出血、歯がぐらつく・口臭がきつくなるといった症状が出るようになり、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうことがあります。

現代の日本人の30代~60代の約8割が歯周病になっているとされています。
また、小学生などの小さな子供でも歯周病にかかっているといわれています。
現代において歯周病は決して他人事の病気ではなく、いつ誰がかかってもおかしくない病気です。

歯周病の進行

健康な歯肉
健康な歯茎は、淡いピンク色で引き締まっています。
歯周炎 … 歯茎の出血
歯茎が赤くなり炎症を起こしている状態。歯磨きで出血することがあります。
軽度の歯周炎 … 歯周ポケットの形成
炎症が進行し、歯茎の充血・腫れが現れてきます。この段階で歯と歯茎の間に溝が(歯周ポケット)でき、歯周病菌が歯周ポケット内でも見られるようになります。
重度の歯周炎 … 歯槽骨の大半が失われる
さらに症状が悪化すると歯槽骨の大半が失われてしまい、歯茎が後退してしまいます。歯槽骨が失われることで歯が安定しなくなり、物を噛みづらくなります。

歯周病の治療法

◎ スケーリング

歯の表面に付着してしまった歯周病の原因となるプラークや歯石。日頃の歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。これらをスケーラーという器具を使用して、歯に付着した歯石を除去する方法をスケーリングといいます。

◎ ループトレーニング

スケーリングでは取り除けなかった、歯周ポケットに深く根付いてしまったプラークや歯石を取り除きます。歯の表面がつるつるになるのでプラークが再付着しにくくなります。

◎ 歯周外科処置

歯周病が悪化するとスケーリングやループトレーニングでは除去できないことがあります。そういった症状の場合、歯根に付着した歯石やプラークを除去するために、麻酔をかけて切開し感染している組織をきれいに取り除くことができます。

歯周病を防ぐためには

歯周病は痛みもなく静かに進行していく怖い病ですが、日々の正しいブラッシングで防ぐだけではなく、定期的に歯科検診を受診し、正しいブラッシングの指導やプロの手によってメンテナンスをしてもらうことが大切です。

歯周病は歯や歯茎だけではなく、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞といった全身疾患のリスクを上げて病気です。
歯や歯茎に違和感があり「歯周病かも?」と思ったら、早めに受診することをおすすめします。

予防歯科

予防歯科虫歯や歯周病といったお口の病気を予防するためには、歯磨きだけではなく定期的に歯科医院での検診を受けることが大切です。
定期検診をすることで、歯や歯茎に異常がないか確認することができ、万が一、虫歯や歯周病が見つかっても初期の段階で発見でき、痛みも軽く、削る部分も少なくてすみます。

数ヶ月に一度の歯科検診を受け、いくつになっても食事や会話を楽しめるお口を維持できるようにしましょう。

  • ホーム
  • 診察内容
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院情報・アクセス
よくある質問
歯科検診について