口腔外科処置

親知らず当院は、親知らず・顎関節症の対する処置を行っています。

親知らず

永久歯の中で一番最後に生えてくる歯が親知らずです。近年、ファストフードなどの軟らかいものを食べる機会が増え顎が小さくなったことで、親知らずが生えてくるスペースが足りず、真っすぐ生えてこないケースも少なくありません。
そのようなケースがあることから親知らずは「生えてきたら抜かなくてはいけない」と思われているる方が多くいらっしゃいます。しかし、無理やり親知らずを抜かなくてもいいケースがあります。

◎ 抜かなくてもいい可能性があるケース

  • 親知らずがまっすぐに生えている
  • 生えてきた親知らずに歯茎がかぶっていない
  • 上下4本親知らずがしっかりと生えて来ており、歯として機能している
  • 親知らずの前の歯を抜歯している、または抜歯する予定がある(矯正治療など)

逆に、以下の様な症状がある方は抜歯を検討する場合があります。

◎ 抜歯した方がいい可能性が高くなるケース

  • 親知らずが真っすぐに生えてこない(横・斜めに生えている)
  • 親知らずが原因で周囲の歯が虫歯や歯周病になりかけている(なっている)
  • 親知らずで腫れや痛みを繰り返している

といったケースが抜歯を検討した方がいいケースです。

親知らずが生えてきたことが分かったら、決して自己判断はせずに一度、歯科医師に診てもらい、残すか抜歯が必要かの判断をしてもらうようにしましょう。

中村歯科医院では親知らずの治療を行っております。
また、症例に適した総合病院・専門医を紹介させていただくことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

顎関節症

口を開閉させる時に顎が痛む・音が鳴るといった症状が見られる場合、顎関節周辺に異常が起きる「顎関節症」の素因がある可能性があります。骨格や筋肉の付き方の違いから女性に多いとされていましたが、小顔の男性も増えたことで、最近では男性でも顎関節症になる方が増えつつあります。

◎ 顎関節症の主な原因

  • 就寝中に歯ぎしりをしている
  • 枕の高さが合っていない
  • 頬杖をつく癖がある
  • 無意識に歯を食いしばっている
  • 左右均等に物を噛まずに、どちらかの歯で物を噛む癖がある

上記の項目に思い当たる方は、今は症状が出ていなくても、いつか顎関節症になってしまう可能性があります。これらの癖や行動に気を付けることで顎関節症になるリスクを下げることができます。

当院で行っている治療法

運動療法・薬物療法・マニピュレーション法といった治療法がありますが、当院では、顎関節症用のマウスピースを使用してお薬を使わない治療を行います。マウスピースの種類には種々のタイプがあり、患者さまの症状に合わせたマウスピースを使用します。

口が開けづらい、口を開閉する時に音がなる、といった症状が現れている方は一度、中村歯科医院にご相談ください。

◎ その他

スポーツ用のマウスガードも、ご相談可能です。

◎ ホワイトニング

ティオン(Tion)ホームホワイトニング等、取り扱っています。
※ホワイトニングは永久的なものではありませんので、定期的なケアが必要です。

  • ホーム
  • 診察内容
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院情報・アクセス
よくある質問
歯科検診について