入れ歯治療

入れ歯治療虫歯や歯周病などの歯の病気や、運動・事故などによって突然大切な歯を失ってしまうことがあります。歯を失うことで笑顔がぎこちなくなってしまったり、物を上手に噛めないことで消化器系に負担をかけてしまうなど様々な弊害を及ぼしてしまいます。

このような状態を解消するためにある一つの手段が、入れ歯治療です。

入れ歯ならどのようなものでもいいというわけではありません。
ご自身に合った入れ歯を装着しないと、虫歯や歯周病になりやすくなったり、うまく噛めないことで胃に負担がかかったり、話しづらくなってしまったりといった問題を起こしやすくなります。
患者様のお口の状態を確認し、どのような入れ歯がいいかをご相談の上、治療を進めて参ります。

入れ歯の種類

◎ 部分入れ歯

部分的に人工の歯を設置した入れ歯です。
一般的には、歯が1本でも残っていれば部分入れ歯を製作することができると言われていますが、実際には、1本の歯で部分入れ歯を作るのは難しいので、残った1本の歯を抜き、安定性のある総入れ歯を作ることもあります。

◎ 総入れ歯

上下左右、全ての歯が抜け落ちた状態に最適なのが総入れ歯です。
総入れ歯は、僅かな歯の本数で部分入れ歯を製作するよりも入れ歯が馴染みやすく、自然な会話や食事などを楽しむことができます。

保険適用の入れ歯

歯茎に当たる義歯床がプラスチック製の入れ歯です。保険適用の入れ歯なので比較的安く製作することが可能ですが、自費診療の入れ歯と比べると強度が弱く、厚みがあるので食べ物の温度を感じにくい、装着時に違和感があるというデメリットもあります。

自費診療の入れ歯

保険診療では使用できる素材や器具に制限がありますが、自費診療では患者さまの身体に合ったより快適な入れ歯を製作するために、保険診療よりも精度の高い素材や器具を使用しています。そのため費用は保険診療よりも高くなってしまいます。

自費診療の入れ歯の種類

◎ 金属床入れ歯

義歯床が金属でできた入れ歯。金属なので物の温度を感じることができ、強い力で食べ物を咀嚼(そしゃく)することができます。

◎ ノンクラスプデンチャー

クラスプ(留め具)を使用していない入れ歯です。プラスチック製の義歯床で義歯を支えています。クラスプを使用していないので、金属アレルギーの方でも使用することができ、口を開けても入れ歯とは気付かれにくくなっています。
ただし、使用している素材の寿命が短く2~3年で作り変えなくてはいけない場合もあります。また、特殊な樹脂を使用しているので市販の入れ歯洗浄剤を使用すると破損するおそれがあります。

◎ シリコンデンチャー

軟らかいシリコン製なので、他の素材に比べ痛みや衝撃を和らげてくれます。素材が軟らかい分、汚れやすいという欠点があります。

入れ歯は自費診療だからいい・保険適用だから駄目というわけではありません。
どの入れ歯にもメリット・デメリットがありますので、歯科医師と相談の上、自分に合った入れ歯を製作することが大切です。

中村歯科医院では、保険・自費問わず患者さまに最適な入れ歯をお作りいたします。入れ歯が合わなくなってきたという方もお直ししますので、お気軽にご相談ください。

矯正治療

矯正治療多くの方が悩まれている歯並びや噛み合わせ。これらは口だけではなく、全身にも影響をおよぼすことが分かっています。

中村歯科医院では、患者さま一人一人に適切な矯正治療を受けていただくために患者さまからの悩みをお聞きした上で、総合病院・専門医の紹介を行っています。

  • ホーム
  • 診察内容
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院情報・アクセス
よくある質問
歯科検診について